海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 世界のワイヤレスイヤホン出荷、AirPodsが60%で圧倒的シェア!

Marketing

世界のワイヤレスイヤホン出荷、AirPodsが60%で圧倒的シェア!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イヤホンはケーブルタイプからワイヤレスタイプへと移行しつつある。街ゆく人を観察するとワイヤレスイヤホンを使用している人の多さに気付くが、中でも最も目にするのがAppleのAirPodsだろう。

実際、そのAirPodsの人気ぶりを示す調査結果がCounterpoint Researchから発表された。2018年第4四半期のワイヤレスイヤホンの推定出荷台数は1250万ユニットで、そのうちの60%がAirPodsだったとしている。

・Apple、24%が北米向け

60%というと、ワイヤレスイヤホンを購入する人の3人に2人がAirPodsを選んでいるということになる。Appleにとってメーンマーケットはお膝元の米国を含む北米で、24%が北米向けに出荷された。ついで、中国をのぞくアジア太平洋地域、欧州がくる。

また、AirPodsが圧倒的なシェアを握ってはいるものの、レポートは中価格帯のブランドもシェアを伸ばし始めていると指摘。具体的には、JabraやSamsungが頭角を現しているという。

・Jabra製品が第2位

2018年第4四半期によく売れたモデルのランキングを見ると、トップのAirPodsに続いて2位の座を獲得したのがJabraのElite Avtive 65t。Jabraはデンマークのブランドで、欧州でのシェアが大きかった。

そしてJabraの次にくるのはSamsungのGear IconXだ。以下は、4位にJLab JBuds Air TW、そして5位にBose SoundSport Freeがランクインした。

先日Appleは、ワイヤレス充電ケースとともに第2世代のAirPodsを発表したばかりで、AirPods人気は当面続きそうな気配だ。その一方でコスパのいい製品も増えてきていて、今後シェア争いは激しさを増すことが予想される。

Counterpoint Research
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報