海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 男性が授乳?電通が考案する父親向け育児デバイス「FATHER’S NURSING ASSISTANT」が面白い

Tech

男性が授乳?電通が考案する父親向け育児デバイス「FATHER’S NURSING ASSISTANT」が面白い

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日大好評のうちに幕を閉じた世界最大級のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル“SXSW(サウス バイ サウスウエスト) 2019”。日本からも多くの企業が出展し、話題を集めた。

電通の社内横断組織デジタル・クリエーティブ・センターと電通クリエーティブXも、昨年に続き参加。期間中に開催されたトレードショーで世界に向けた展示とプレゼンテーションを行った。そのうちの1つが「FATHER’S NURSING ASSISTANT」という製品。なんと、父親専用の授乳・寝かしつけデバイスだという。

・父親が授乳できる!?

育児におけるストレス・悩みの多くは寝かしつけと食事。特に日本の赤ちゃんの睡眠時間は世界的に見ても短い、と言われている。寝かしつけに効果があるのは添い寝をしながら授乳することだが、そうなるとどうしても母親に負担がかかってしまう。

それなら父親も授乳できるようにすればいい。そんな大胆な発想から生まれたのが本品だ。小児科医やベビーシッターからのアドバイスを参考に、赤ちゃんが授乳時に手を胸に当てる習慣があることや、胸の柔らかさで安心感を持つという点に着目。母親が授乳する状態に近いデザインにすることで、母親と同じような寝かしつけを実現する。

・技術の進化で育児を後押し

本体は片側がミルクタンク、もう片方で授乳できる仕組み。さらにアプリとの連携により、赤ちゃんの授乳や入眠のタイミングなどをセンシング。より視覚的に赤ちゃんの状態を捉えることができる。素材は柔らかな加熱プラスチック。赤ちゃんが口にくわえても安全だ。

コンセプト段階のため、今のところ製品化は未定。ただし、同社は他にも現実性の高い製品コンセプトを発表しているため、早い段階での開発が期待できそうだ。

イクメンがもてはやされる時代とはいえ、父親の育児参加率はまだまだ低い。テクノロジーで男女分け隔てなく子育てができるなら万々歳である。

souce by domus
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報