海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 薬の服用をリアルタイムに管理できる「ID-Cap」システム、米etectRxが開発中

Tech

薬の服用をリアルタイムに管理できる「ID-Cap」システム、米etectRxが開発中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
慢性の病気を抱えている患者で薬の服用が日課になっている人は多いだろう。しかし、時に服用を忘れしまうことは誰にでもあり得る。

ただ、病気によっては服用忘れが深刻な事態を招くこともある。そこで米フロリダ拠点のetectRxが開発中なのが、服用をアプリやダッシュボードで追跡・管理できる「ID-Cap」システムだ。

・胃の中から無線信号

このシステムはIDカプセルとリーダー、そしてアプリで構成される。カプセルの中に薬を入れ、通常のタイプと同じように飲み込む。すると、消化器官内でカプセルが溶け、薬とIDタグが放出される。

薬はそのまま吸収され、IDタグは胃酸に反応して小電力の無線信号を発する。その信号を、患者が首から下げるリーダーがキャッチする仕組みだ。

・ダッシュボードで情報共有

リーダーにはBluetoothモジュールが組み込まれていて、無線信号を受信したらスマホアプリに知らせ、さらにはそこからオンラインダッシュボードに情報がリアルタイムにいく。

つまり、服用を患者本人や家族、医師で共有することができるわけだ。服用をしなかったらアラートが届くようにも設定でき、これにより服用を確実なものにできる。

ちなみに、用済みのIDタグはそのまま便とともに排出される。

このシステムはまず、HIVの発症を抑えるのに役立つ薬の服用での使用を想定していて、現在、米国FDA(食品医薬品局)の認可待ちという。

etectRx
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報