海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech カナダのHarbour Airが所有する全水上飛行機を電動化へ、世界初の試み

Tech

カナダのHarbour Airが所有する全水上飛行機を電動化へ、世界初の試み

自動車やトラック、船舶などあらゆる乗り物で電動化の動きが加速している。その中でやや遅れをとっているのが航空機。空飛ぶ車タイプは各メーカーが競っているが、旅客機による運輸分野では今後カナダのエアラインHarbour Air...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車やトラック、船舶などあらゆる乗り物で電動化の動きが加速している。その中でやや遅れをとっているのが航空機。空飛ぶ車タイプは各メーカーが競っているが、旅客機による運輸分野では今後カナダのエアラインHarbour Airが引っ張っていくことになりそうだ。

同社はこのほど、運航に使用する水上旅客機を全て電動に切り替えると発表した。実現すれば、電動旅客機のみを運航する世界初の航空会社となる。

・まずは6人乗り機材で

1982年にブリティッシュ・コロンビア州で設立されたHarbour Airは、水上飛行機でバンクーバー拠点の定期便やツアー、チャーターなどを運航している。

水上飛行機の航空会社としては北米最大で、毎年約50万人の利用がある。その水上飛行機のエンジンを、米magniX社が製造する750馬力の電動モーターに変える。

まずは6人乗りの飛行機DHC-2 de Havilland Beaverのエンジンを電動モーターに替え、今年後半にテスト飛行する。テストがうまくいけば、他の機材も順次電動モーターに切り替える方針だ。

・中~近距離フライト対象

Harbour Airは現在、バンクーバーと米シアトルを結ぶ路線など、距離にして1000マイル以下の中・近距離フライトを展開していて、これらが全てゼロエミッション運航となる。

Harbour Airによると、航空分野で排出される二酸化炭素量は、米国においては全体の12%を占め、グローバルでは4.9%とのこと。全ての航空機がもし電動化されればその影響は決して小さくなく、追随する動きが出てくることを期待したい。

Harbour Air
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報