海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 手描きイラストからネット閲覧まで!画面に直接書き込みできるEインクタブレット「E-Pad」

Tech

手描きイラストからネット閲覧まで!画面に直接書き込みできるEインクタブレット「E-Pad」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Eインクを採用した製品が、だんだん目立つようになった。このEインクは、機器の電源が落ちても画面表示がそのまま残る。タッチペンを使った書き込みと親和性のある技術なのだ。

その特徴を最大限に活用したのが、「E-Pad」である。画面に直接書き込むことを前提にしたタブレット、と表現するべきか。様々な形式のファイルに変換できるのも、この製品の魅力である。

・タッチペンで即座に書き込み

E-PadはEインク画面の製品だから、その表示は白黒。従って、通常のタブレットとしての使用を見込む場合はE-Padは不向きだろう。

しかし、たとえばニュース記事に自分で書き込みを加える場合は重宝する。10.3インチの画面に、メモ感覚でタッチペンを走らせることができるのだ。もちろん、そのためにわざわざアプリをダウンロードする必要もない。

書いたものは保存する必要がある。PDF、JPEG、PNG等のお馴染みの形式もあるが、CBR、DjVu、BMPといったメジャーとは言い難い形式にも対応している。

Wi-Fi限定の製品というわけではなく、4G回線と接続することもできる。白黒画面であることを差し引けば、通常のネット閲覧も充分にこなせる。Bluetoothキーボードと接続すれば、昔のワープロのような感覚で文章を打ち込むことも可能だ。

・ペンには消しゴム機能も搭載

もし使用者が画家であれば、E-Padに立派な絵を描くこともできる。それを保存し、SNSでシェアするのもいいだろう。

ちなみに、E-Padのタッチペンには消しゴムもついている。無論、物体としての消しゴムではない。タッチペンの頭頂部で書き込みを擦れば、その部分が消える仕組みだ。

E-Padは現在、クラウドファンディング「Kickstarter」で399ドル(約4万4000円)からの出資枠を公開している。今年8月から配送を開始する。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報