海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech サムスン、自動運転車向けの最新メモリーやプロセッサのイメージビデオを公開

Tech

サムスン、自動運転車向けの最新メモリーやプロセッサのイメージビデオを公開

人がハンドルを握ることなく自動で走る自動運転車は、自動車メーカーやスタートアップがこぞって開発を進めている。人の五感や判断能力をカバーする自動運転車はまさしく先端技術の塊といえる。 韓国のサムスンもそうした技術の開発を進...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
人がハンドルを握ることなく自動で走る自動運転車は、自動車メーカーやスタートアップがこぞって開発を進めている。人の五感や判断能力をカバーする自動運転車はまさしく先端技術の塊といえる。

韓国のサムスンもそうした技術の開発を進めているが、このほど最新メモリーやプロセッサのイメージビデオを公開した。

・2秒でシステムをオンに

自動運転で車が走るときは、周囲の障害物や車、人などの存在をとらえて、そこまでの距離を測って衝突を回避したり、あるいはマップデータをアップデート保存したりと、さまざまなデータを素早く処理する必要がある。

それらに応えるものとして、サムスンは車載情報システムを2秒という速さでオンにできるeUFSや、最も高いバンド幅で自動運転のためのHDマップを保存するAutoSSDを開発した。

・センサーデータを即座転送

また、LPDDR 5 DRAMではさまざまなセンサーがとらえたデータを即座に転送できるので安全性の向上につながるそして省エネルギーにも貢献するとのこと。

加えて、GDDR 6 DRAMでは超高バンド幅のおかげで人工知能の深層学習ができるという。

公開されたビデオはあくまでもイメージだが、将来の自動運転車の社会がこんなふうになるかも、と予想させのに十分なものとなっている。興味のある方はこちらのリンクからどうぞ。

サムスン
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報