海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Traeger、温度も時間も管理できるWi-Fi対応スマートグリル6種を発表

Tech

Traeger、温度も時間も管理できるWi-Fi対応スマートグリル6種を発表

バーベキューグリルを使って調理されたものは美味しい。ただ、バーベキューグリルは火加減の調整が難しく、たえず誰か側で管理しなければならないのが難点だ。 そこを補うスマートグリルを、米国メーカーTraegerが発表した。Wi...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
バーベキューグリルを使って調理されたものは美味しい。ただ、バーベキューグリルは火加減の調整が難しく、たえず誰か側で管理しなければならないのが難点だ。

そこを補うスマートグリルを、米国メーカーTraegerが発表した。Wi-Fiに対応し、スマホなどで温度や時間を設定できるというもの。高温で肉を焼くのはもちろん、低温でじっくりと火を入れる料理にも対応する。

・アプリで設定も

今回発表された6種はいずれもWi-Fiに対応し、コンセントをつなげて使う。グリル横に温度などを設定できるコントローラーがあり、そこのボタンで設定できるほか、アプリでも調整可能となっている。

木材ペレットを燃やすタイプながら、キッチンにあるオーブン同様に、設定した温度を保てるのがこのスマートグリルのポイント。調理の時間が読みやすくなり、また失敗も減らせる。

センサーでペレット量をモニターし、少なくなったらスマホに通知するタイプも用意されている。

・アプリにメニューも

そしてこのグリルの特徴の一つが、対応する温度の幅が広く、野菜を低温でじっくりと蒸し焼きにしたり、高温短時間でステーキ肉を焼いたりと、さまざまな料理ができること。アプリではメニューとレシピも紹介しているので、マンネリ化を防ぐことができそうだ。

Wi-Fi対応スマートグリルはグリル面積や機能が異なる6種が展開され、価格はそれぞれ異なるが、最も安いもので799ドル(約9万円)〜となっている。庭付きの家に住んでいる人はいかがだろうか。

Traeger
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報