海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech カチカチの冷凍食品も解凍する、自動加熱機能付きスマート弁当箱「LunchEAZE」

Tech

カチカチの冷凍食品も解凍する、自動加熱機能付きスマート弁当箱「LunchEAZE」

昼食の弁当は、温かいほうがいい。メニューにもよるが、冷たい弁当では元気が出ない。 職場に電子レンジがあれば最高だ。しかし、そうでない場合はどうするべきか。そんな時に役立つのが「LunchEAZE」というスマート弁当箱であ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
昼食の弁当は、温かいほうがいい。メニューにもよるが、冷たい弁当では元気が出ない。

職場に電子レンジがあれば最高だ。しかし、そうでない場合はどうするべきか。そんな時に役立つのが「LunchEAZE」というスマート弁当箱である。

食事の時間に合わせ、徐々に中身を温める機能を有している。寒い日には最適の製品と言える。

・冷凍食品をそのまま弁当箱へ

冬場の野外での仕事には、温かい食事が必要である。また、米飯は冷めると美味しくなくなる。

そこでLunchEAZEの出番。これはBluetoothでスマートフォンと連携するIoT弁当箱、と表現するべきか。専用アプリで食事の時刻を予め設定すると、それに向けて中身の食材を温めてくれる。

たとえば、その会社の昼休憩が正午からだとしよう。LunchEAZEのアプリでそのように設定すると、製品本体の過熱機能が午前10時即ち2時間前から始まる。正午になると、今度は食事中に食材が冷めないよう保温機能が発動する。

その計2時間半の稼働でバッテリーを使い切る、という仕組みだ。再充電にかかる時間は5時間半。

このLunchEAZEは、冷凍食品にも対応する。冷凍庫から取り出したカチカチの冷食をそのままLunchEAZEに放り込んでも問題ないそうだ。

・アメリカ国内のみの配送

LunchEAZEはクラウドファンディング「Kickstarter」で資金調達キャンペーンを実施している。調べてみると、数量限定ではあるが1台99ドル(約1万1000円)からの出資枠が存在する。

ただ残念なことに、アメリカ国内の配送に限定されるという。配送時期は今年5月から。アメリカ国外への出荷も望まれる、期待の製品である。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報