海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 乗り心地と航続距離がアップ! 電動一輪車「KO1+」がリリース

Start Up

乗り心地と航続距離がアップ! 電動一輪車「KO1+」がリリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Techableでは以前、電動一輪車「KO1」を紹介した。セグウェイのように重心移動で方向転換できる乗り物で、昔流行したホッピングのようなデザインの電動一輪車だ。

この「KO1」の乗り心地をさらに高め、航続距離ものばした「KO1+」がリリースされた。カーボンファイバーを採用するなどして全体的に強度もアップしている。

・約40キロ走れる

デザインはオリジナルのKO1とさほど変わらない。太いタイヤの横にあるペダルに足を乗せ、タイヤ部分から伸びたスタンドのハンドルを握り、重心移動させながら行き先をコントロールする。

感覚はほぼセグウェイと同じだが、二輪のセグウェイよりコンパクトなぶん、小回りがきく。そして今回のKO1+では航続距離が約40キロとオリジナルの32キロより長くなった。

・LCDディスプレイ搭載

そのほか乗車体験が大幅に改善されているのも特徴。材料にカーボンファイバーや亜鉛合金などを使い、またサスペンションを改善したことで、耐久性と振動吸収性能を確保。草道や砂利道などでもスムースに走行できるという。

またハンドル部分にLCDディスプレイが搭載され、ここでバッテリー残量やライダーモード、スピードなどを確認できるようにもなっている。

多くの点でKO1+はオリジナルバージョンより改善されているが、トップスピードはオリジナルが時速32キロだったのに対し、KO1+では時速19キロとなっている。KO1+はデザインからして楽しむ要素が大きい乗り物であり、安全性などを考慮してのことと思われる。

KO1+は開発元Kiwanoのサイトで販売されていて、価格は1299ドル(約14万5000円)となっている。

Kiwano
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報