海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 世界最大級のワンストップ型ルート検索アプリ「Moovit」が駐車場の検索機能を追加

Start Up

世界最大級のワンストップ型ルート検索アプリ「Moovit」が駐車場の検索機能を追加

世界90カ国2700都市以上で展開するルート検索アプリ「Moovit(ムービット)」は、2019年3月、駐車場予約アプリ「SpotHero(スポット・ヒーロー)」と提携。 公共交通機関、バイクシェアリングなどに加え、「S...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界90カ国2700都市以上で展開するルート検索アプリ「Moovit(ムービット)」は、2019年3月、駐車場予約アプリ「SpotHero(スポット・ヒーロー)」と提携。

公共交通機関、バイクシェアリングなどに加え、「SpotHero」の駐車場ネットワークも網羅し、複数の交通手段から目的地までの移動ルートをワンストップで検索できる機能を実装していく。

・駅周辺の駐車スポットまでワンストップで移動ルートを検索

サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンD.C.を対象に実施した「Moovit」の調査では、マイカー通勤者の58%が「駐車スポットを見つけるのに5分以上かかる」と回答し、とりわけ駅周辺の駐車には73%が「イライラする」と答えている。

「Moovit」では、自宅からマイカーで最寄り駅まで移動し、駅周辺で駐車して、公共交通機関で都心部の目的地に向かう「パークアンドライド」において、駐車スポットの検索機能へのニーズは大きいと判断。

まずは、対象エリアをサンフランシスコ・ベイエリアに限定し、「SpotHero」の駐車場ネットワークをベースに、乗り継ぎ駅周辺の駐車場を検索できる機能を「Moovit」のルート検索機能に追加した。

今後は、「SpotHero」が有する北米最大級の駐車場ネットワークを活用し、この機能を他のエリアにも随時展開していく計画だ。

・都市部での交通渋滞や大気汚染の緩和にも寄与

様々な交通手段をシームレスにつなぎ、最適な移動ルートを検索できるツールとしては、世界の主要39都市を網羅する「Citymapper」や独自動車メーカーDaimler傘下の「moovel」などもリリースされている。

これらのツールがますます多様に広がることで、モビリティの利便性向上につながるとともに、都市部での交通渋滞や大気汚染の緩和にも役立ちそうだ。(文 松岡由希子)

Moovit
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報