海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネルをベルギーの大学が開発

Tech

太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネルをベルギーの大学が開発

いま、気候変動問題に対応すべく、さまざまな持続可能なエネルギー源の開発が進められている。水素もエネルギー源として注目されている資源の1つだ。 そんななか、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学が太陽光の15%を直接水素ガス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
いま、気候変動問題に対応すべく、さまざまな持続可能なエネルギー源の開発が進められている。水素もエネルギー源として注目されている資源の1つだ。

そんななか、ベルギーのルーヴェン・カトリック大学が太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネルを開発した。

・水素とソーラーパネルの特性

水素は電気と熱の両方に変換でき、温室効果ガスや有害物質を放出しないクリーンな資源だ。

しかし、欠点もある。高価で可燃性が高いため、製造および貯蔵が困難だと考えられており、ほとんどの水素ガスは石油とガスを使って製造されているため、気候や環境にとって優しいとは限らないのが現状だ。

そして、クリーンエネルギーの代表格であるソーラーパネルは太陽エネルギーの18〜20%を電気に変換するが、その後、その電力を使って水を水素と酸素に分割するときに、多くのエネルギーを失うという短所もある。

・太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネル

そこで、水素の特性を利用しながら水素ガスとソーラーパネルの現状課題を解決しようと、研究チームは太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネルを開発した。

この変換率は、貴金属や他の高価な素材を使わない機器として世界記録である。

パネルの大きさは1.6m²。1枚のパネルで1日250リットルの水素ガスを生産できる。20枚のパネルで冬の間一家庭の電気と熱を賄え、40枚のパネルで 1年間電気自動車を動かせると研究チームは見積もっている。

研究チームは、まもなく大学周辺の家にパネルを実際に設置して、パイロットプロジェクトを開始する予定だ。

グリーンエネルギーの未来を大きく変えるかもしれないルーヴェン・カトリック大学の発明。今後の展開に注目していきたい。

Catholic University of Leuven

VRT NWS
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報