海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 仮想通貨を安全保管するハードウォレット「Ledger Nano」が進化して帰ってきた!

Tech

仮想通貨を安全保管するハードウォレット「Ledger Nano」が進化して帰ってきた!

仮想通貨を保管し、それを持ち運ぶという人にとって最も重要なのは「安全性」だ。仮想通貨のオンライン管理は、常に流出の危険性が伴う。 それを防ぐために「ハードウォレット」というものが開発されている。これはオンライン接続機能の...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨を保管し、それを持ち運ぶという人にとって最も重要なのは「安全性」だ。仮想通貨のオンライン管理は、常に流出の危険性が伴う。

それを防ぐために「ハードウォレット」というものが開発されている。これはオンライン接続機能のない仮想通貨管理デバイスであるが、2017年に「Ledger Nano S」という製品が日本上陸を果たし、話題になった。

そして今年、Nano Sの後継機種となる「Ledger Nano X」が発表された。従来の安全性を維持したまま、より便利な機能を備えた新製品である。

・Bluetooth機能が追加

まずはNano Xのデザインを見ていこう。前作のNano Sと大きく変わったのは、液晶画面とボディーが一体化した点だ。

よりすっきりした外見になっているが、半回転収納設計は変わらない。また、前作と同様USBポート(USB-C)を備えている。これを使ってPCに接続する仕組みである。

だがNano Xの場合は、これにBluetoothコネクトが追加されている。これにより、スマートフォン等のモバイル機器ともNano Xに接続できるようになった。一方で、Wi-Fi接続機能はない。先述の通り、この製品はネット接続をしないことが最大の特徴である。

・1000以上の銘柄に対応

Nano Xが対応している仮想通貨の銘柄は、2019年3月14日の時点では全1184種。Nano X1台で最大100種の銘柄を保存管理できる。

現在はLedgerの公式サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は1台1万5800円。国際配送の手数料は免除されるという。

Ledger
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報