海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 電動キックスクーター「Turbowheel Dart」は600Wの強力モーター搭載

Start Up

電動キックスクーター「Turbowheel Dart」は600Wの強力モーター搭載

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の電動キックスクーターメーカーeWheelsがこのほど発売した「Turbowheel Dart」はとにかく、通勤や街中の移動などでタフに乗り回したいという人向けのスクーターだ。

モーターは600W、バッテリーは613Whと強力タイプで、トップスピードは時速40キロとなっている。

・ブレーキも高性能

米国では電動キックスクーターのシェアリングが浸透しつつあるが、Turbowheel Dartはそうしたサービスに使われているスクーターをはるかに凌ぐ性能だ。

時速40キロといえばバイク並み。もちろんスピードが出るからにはブレーキ性能もしっかりしていて、モーターブレーキに加え、デュアルホイールメカニカルブレーキも搭載している。

・夜間は光らせて安全確保

通勤などで活用するのに気になるのが航続距離だが、時速25キロで乗った場合、48キロの走行が可能という。

その他の特徴としてはデッキ部分下やハンドルの支柱をLEDで光らせることができる点が挙げられる。夜間に走行するときに周囲の車に存在をアピールでき、安全確保につながる。もちろん、フロントライトやテールランプも付いている。

充電所要時間はクイックチャージャーを使えば2時間、スタンダードタイプで5〜6時間となっている。

日本では、米国のように公道で電動キックスクーターを気軽に使用できるわけではないが、気になる人はサイトをチェックしてほしい。価格は998ドル(約11万1000円)となっている。

Turbowheel Dart
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報