海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 野菜の過不足がすぐわかる! カゴメが手をかざして数十秒でわかる測定器を開発

Tech

野菜の過不足がすぐわかる! カゴメが手をかざして数十秒でわかる測定器を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らしで食事はもっぱら外食だったり、仕事が忙しくてつい出来合いのもので済ませたり。あるいはきちんと自炊をする人でもメニューが偏ったりと、野菜は意識して摂らなければ不足しがちになる。

果たして野菜の摂取は十分だろうか。それを確かめられるツールをカゴメが開発した。手のひらを乗せるだけで野菜摂取量の充足度を推定できるのだという。

・カロテノイドレベルを測定

カゴメといえば野菜ジュースが真っ先に思い浮かぶが、昨年10月に立ち上げた健康サービス事業で新たな取り組みとしてこの測定器を活用する。

この測定器はドイツのBiozoom service社と共同開発。センサー部分に手のひらをのせると、ケーブルでつながったデバイスに数十秒で野菜の摂取が足りているかどうかを表示するというもの。

具体的には、皮膚のカロテノイドレベルなどから野菜の充足度を推定する。

・セミナーなどで活用

カゴメは昨年10月に健康事業部を新設し、健康増進をサポートするサービスを主に法人や自治体に提供している。今回の測定器はセミナーなどで活用し、健康増進のサポートにつなげたい考えだ。

市販されるものではないので、我々が利用するチャンスは当面そう多くなさそうだが、もし健康食品店の店頭やスーパーの野菜売り場などに設置されていたら、利用する人はかなり多いかもしれない。

カゴメ ニュースリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報