海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech イーロン・マスクの高速地下交通「Loop」、ラスベガスで建設へ

Tech

イーロン・マスクの高速地下交通「Loop」、ラスベガスで建設へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ラスベガスでは毎年、CES(家電見本市)など大きなイベントが開催され、多くの人が訪れている。そして近い将来、そうした訪問客は、イベントが開催されるコンベンションセンターの広大な敷地やその周辺を次世代の交通システムで行き来できるようになるかもしれない。

ラスベガス観光局(LVCVA)は6日、イーロン・マスク氏のトンネル会社The Boring Company(TBC)による地下交通システム「Loop」を整備する考えを明らかにした。

・12日にもゴーサイン

12日にもLVCVAの取締役会を開き、そこで計画が承認される見通しだ。

計画が承認されれば、LVCVAはTBCと契約を結び、具体的な建設計画の策定などに着手する。現在のところ、事業費は3500〜5500万ドル(約39〜61億円)を見込んでいるという。

・空港にも乗り入れ?

当面はコンベンションセンターの敷地内でのLoop展開となるが、長期的にはマッカラン国際空港やラスベガス・スタジアムなどを結ぶ構想も視野に入れている。

Loopは地下トンネルの中を走る専用の電動乗り物で、人を運ぶというもの。高速で移動できるのに加えて交通渋滞を回避でき、電気で動くので環境への負担を減らせることなどがメリットだ。

2018年にラスベガス来訪者は4200万人だったとのことで、計画通りにいけばそうした人々に最先端の交通システムによる“足”を提供することになる。

Loopを導入する計画はシカゴやロサンゼルスでもあり、どこが一番乗りするか今後注目が集まる。

LVCVA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報