海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ハーレーダビッドソン出身者が新ブランド「Fuell」立ち上げ! 電動のバイクと自転車の2種

Tech

ハーレーダビッドソン出身者が新ブランド「Fuell」立ち上げ! 電動のバイクと自転車の2種

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Erik Buellと聞いてすぐにわかる人はその道の通だろう。バイクレース技術のパイオニアでHarley-Davidsonのデザイナーも務めたレジェンド的な存在だが、そのBuell氏がこのほど新ブランド「Fuell」を立ち上げた。

発表した電動バイクと電動アシスト自転車は、Alfa Romeo Formula 1のチームを率いたことのあるFrederic Vasseurとタグを組んで作り上げた、最先端の二輪となっている。

・20分で充電

Buell がバイクのデザインを専門とする一方で、Vasseurは電動の乗り物開発で経験を持っている。互いの強みを持ち寄って生まれたのがFuellだ。

まず、電動バイクのFlow。Erik Buellが手がけたと聞くとレース用かと想像してしまうが、街乗り用で、11kW(14.8hp)と35kW(47hp)の2種が用意された。

特徴は、50リットル分もある荷物収納スペースを備えていること。また充電にはわずか20分しかかからないのもアピールポイントだ。価格は1万995ドル(約123万円)。

・200キロ走行できる

一方の電動アシスト自転車の名称はFluidで、なんといっても航続距離が長いのが売り。500Whバッテリーを2つ搭載し、200キロほど走行できるとのこと。

最高スピードが時速32キロのタイプと時速45キロのタイプの2種が用意されている。価格は3295ドル(約37万円)〜。

Fluidの方は今年中に発売される予定だが、Flowの発売は残念ながら2021年と少し先になりそうだ。

Fuell
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報