海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 「Google Glass」は“終わって”なかった!?「Google Glass Enterprise」第二世代の画像が初流出、情報まとめ

Enterprise

「Google Glass」は“終わって”なかった!?「Google Glass Enterprise」第二世代の画像が初流出、情報まとめ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
数年前、Googleがメガネ型のヘッドマウントディスプレイ方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータ「Google Glass」を開発しているという情報が世間をにぎわせた。

だが、一般社会においてのプライバシー侵害の問題などが取り沙汰され、一般発売が見送られることになり、残念な気持ちを噛み締めた読者もいるかもしれない。

・法人向け「Google Glass」の初画像が流出

そんな「Google Glass」だが、2017年中ごろに法人向けの“Enterprise Edition”の発表があった。このたびweb上に最新の「Enterprise Edition」の初の画像が流出したようだ。便宜的にこの新ツールを「Google Glass Enterprise Edition 2」と呼ぶことにする。

昨年後半には、米国向け無線機器や情報技術装置のFCC認可試験をおこなうFCC certificationのテストを受けたという。第一世代の「Enterprise Edition」と比べて、改良、改善が施されているようだ。

まだ噂の範囲ではあるが、新デバイスの性能はどうなるのだろうか。プロセッサはSnapdragon 710、LTEモデムを搭載し、Bluetooth 5.0、802.11ac Wi-Fiに対応。カメラは32MPセンサーで、30FPSで4K動画、または120FPSで1080pで撮影可能だ。3GB RAMで、「Android」バージョン8で動作すると思われる。

また、マグネットピン形式の接続端子で、ケーブルをつないで充電や他デバイスとの接続をおこなうようだ。デバイスの背面側にはUSB-Cポートが1つ設置されている。

・モデルナンバーは「A4R-GG2」?

第一世代の「Enterprise Edition」はモデルナンバーが“A4R-GG1”であったが、昨年のFCCテストの記録では“A4R-GG2”という数字が見受けられた。

この流出画像内のラベルには、“GG2”という表記が見て取れるため、これが第二世代の「Enterprise Edition」である可能性は低くなさそうだ。2019年内にローンチされるのでは言われている。

まだ謎が多い第二世代の「Enterprise Edition」。今後の情報を注視したい。

9to5Google
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報