海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing Uber、ポイントプログラムを全米で正式導入!キャッシュバックに優先配車も!

Marketing

Uber、ポイントプログラムを全米で正式導入!キャッシュバックに優先配車も!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Uberの配車やフードデリバリーを利用するとポイントが貯まり、そのポイントをキャッシュとして使ったり、配車の優先サービスが受けられたりするポイントプログラムが全米で始まった。

利用すればするほどお得なサービスが受けられるというもので、利用客の囲い込みを図る。

・試験を経て正式展開

通常のタクシーより安く、アプリで手軽に配車依頼や清算ができるUberは着実にユーザー数を伸ばしている。そしてさらに利用者を引き込もうと、米国でポイントプログラム「Uber Rewards」を始めた。

1月から一部で試験展開されていたが、今回正式に全ユーザーが米国での利用でポイントを貯められるようにした。

・ステータスは4ランク

このプログラムでは配車やUber Eatsを利用するたびに支払い金額に応じてポイントが貯まる。ライドシェアのPoolやUber Eatsであれば支払額1ドルあたり1ポイント、タクシーのようなUber Xでは2ポイント、ハイヤーを使ったサービスのPremiumでは3ポイントがつく。

集めたポイントの数により、ステータスが青、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドと変わり、それにより受けられるポイントサービスも異なってくる。

青のステータスでは500ポイントごとに5ドルのキャッシュバックが受けられるだけだが、ゴールド以上になると優先サービスが受けられたり、ダイヤモンドになると評価の高いドライバーに優先アクセスできるようになったりする。

Uber愛用者にとっては、普段通り利用するだけでさまざまなサービスが受けられるお得なプログラムとなる。一方、Uberの北米での最大のライバルLyftは月単位のお得なパッケージを提供しており、両社の顧客獲得競争は今後ますます激しくなりそうだ。

Uber
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報