海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech THETAシリーズ最高画質! リコー、新360度カメラ「Z1」3月発売

Tech

THETAシリーズ最高画質! リコー、新360度カメラ「Z1」3月発売

リコーは、すべての人が気軽に高画質の360度撮影を楽しめるとうたう、360度カメラ「THETA」シリーズのフラッグシップモデル「THETA Z1」を3月に発売する。 静止画は7K(2300万画素、6720×3360)、動...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
リコーは、すべての人が気軽に高画質の360度撮影を楽しめるとうたう、360度カメラ「THETA」シリーズのフラッグシップモデル「THETA Z1」を3月に発売する。

静止画は7K(2300万画素、6720×3360)、動画は4K(3840×1920、29.97fps)という高画質に加え、撮影モードを幅広く揃えているのが特徴。公式ストア価格は12万6900円(税込)となっている。

・撮影モード多彩

外観はこれまでのTHETAカメラとさほど大きく変わらないが、注目すべきは1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載していること。これによりやや暗いところでの撮影、夜景の撮影でもノイズを低減できる。

そのほか、絞り優先、シャッター優先、ISO優先、マニュアル、ライブストリーミングなどと撮影モードが多彩になり、シーンによって使い分けられるのもうれしい。

・RAWデータで保存

また、シリーズとしては初めてRAWデータでの保存もできるようになり、画像編集の幅も広がった。

加えて、360度ライブストリーミングが4Kに対応し、また動画撮影で大事な音も4つの内蔵マイクで各方向の音を拾うので、かなりリアルな映像が楽しめそうだ。

これまで同様、THETA Z1は片手で簡単に操作できるサイズで、寸法は48×132.5×29.7ミリ、重さは182グラム。小さなパネルを搭載し、電池残量や撮影モードなどを確認できるのも便利だ。

価格は12万円超えとなかなかハイエンドだが、手軽に超高画質でリアルな撮影・ストリーミングを楽しみたい人にはかなり有力な選択肢となりそうだ。

リコー
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報