海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 海洋プラスチックゴミでつくる家庭用洗剤ボトル、SCジョンソン社が今春発売

Tech

海洋プラスチックゴミでつくる家庭用洗剤ボトル、SCジョンソン社が今春発売

アメリカに拠点をおくSCジョンソン社が今春、海洋プラスチックゴミでつくる家庭用洗剤ボトルに入った洗剤の販売を開始する。 家庭用洗剤大手メーカーとして、初の試みとなる。 ・ウォルマートなどで800万本販売 2015年以来、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカに拠点をおくSCジョンソン社が今春、海洋プラスチックゴミでつくる家庭用洗剤ボトルに入った洗剤の販売を開始する。

家庭用洗剤大手メーカーとして、初の試みとなる。

・ウォルマートなどで800万本販売

2015年以来、SCジョンソン社のブランドWindexは、100%リサイクルプラスチック製のボトルを使用してきた。

そして今回、海洋プラスチック汚染問題への取組みの一環として、同社の人気ブランドの1つであるWindexのボトルを100%海洋プラスチックゴミのリサイクルでつくることを発表した。

今春、北米の大手ディスカウントチェーン・ターゲットや大手スーパー・ウォルマートなどで800万本を販売予定。

・プラスチックゴミ抑制と、貧困問題解決への貢献が目的

同社はさらに、2019年秋までにPlastic Bankと共同で新たなWindexボトルの発売を計画している。プラスチックゴミを最小限に抑え、貧困問題に対処するリサイクルインフラの構築が目的。

ボトルの原料となるプラスチックは、ハイチとフィリピン、そしてインドネシアのPlastic Bankが調達する。Plastic Bankは、プラスチックを回収してリサイクルし、報酬にかえることで、途上国の人々の生活向上を支援する企業だ。

SCジョンソン社はリサイクル教育プログラムも実施し、ボトル1本1本はプログラム参加者の新たな収入源となる。

「海洋プラスチックは大きな環境問題だ。この解決に向けて企業や政府、NGOと社会全体が協力していかなくてはならない」と、SCジョンソン社CEOのFisk Johnson氏は語る。

海洋プラスチックゴミでつくる家庭用洗剤ボトル、とてもいい試みになりそうだ。

SC Johnson
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報