海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 廃ガラスをリサイクル素材にする技術を豪大学が開発

Tech

廃ガラスをリサイクル素材にする技術を豪大学が開発

オーストラリアのクイーンズランド大学研究チームが、これまで不燃ごみとして埋立処分されてきた廃ガラスのリサイクル方法を開発した。 廃ガラスというゴミを再生させる、新たな方法として注目される。 ・廃ガラスから液体ケイ酸塩を抽...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアのクイーンズランド大学研究チームが、これまで不燃ごみとして埋立処分されてきた廃ガラスのリサイクル方法を開発した。

廃ガラスというゴミを再生させる、新たな方法として注目される。

・廃ガラスから液体ケイ酸塩を抽出

研究チームが開発したのは、廃ガラスから液体ケイ酸塩を抽出する方法だ。

液体ケイ酸塩は、コンクリートシーラーや肥料、洗剤や歯磨き粉など、多くの製品を作るのに使用できる。この方法を用いると、ほぼすべてのガラスが販売可能な製品になるため、無駄がほとんど出ない。

・従来のケイ酸塩の製造方法よりも50%以上安価に

「このプロセスは、従来のケイ酸塩の製造方法よりも50%以上安くなる。エネルギーや原料、そして資本も少なくてすむため、埋立てに比べて社会的および経済的コストも削減できる」と研究者のRhys Pirie氏は語っている。

研究チームは、このプロセスについて特許をすでに取得しており、現在は商業化に向けてパートナーを探しているところだ。

今後は、廃ガラスを使って低コストのシリコンベースの添加物を作り、肥料の効率を上げる方法を検討していくという。

当研究は、オーストラリア政府の綿研究開発公社(Cotton Reserch and Development Corporation)と、農業・水資源省から資金提供を受けている。廃ガラスに新たな命を吹き込むリサイクル。さらなる研究が期待される。

The University of Queensland
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報