海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ブロックチェーンを活用してサプライチェーンを可視化したカナダ発のビールブランド

Enterprise

ブロックチェーンを活用してサプライチェーンを可視化したカナダ発のビールブランド

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Bock Chain(ボック・チェーン)」は、ブロックチェーンによりサプライチェーンを可視化したカナダ西部アルバート州生まれの新しいビールブランドだ。

州都カルガリーの醸造所「Last Best」、大麦を栽培する地元農家「Hamill Farms」、麦芽製造メーカー「Canada Malting」、麦芽加工メーカー「Red Shed Malting」の提携により実現したもので、2019年2月から缶ビールとして販売されている。

・ビールが製造されるまでのサプライチェーンをブロックチェーンで追跡可能に

「Bock Chain」の製造プロセスは、「Hamill Farms」で収穫した大麦から「Canada Malting」が麦芽を製造したのち、「Red Shed Malting」がこれを焙煎し、「Last Best」がビールに醸造するという流れ。

一連のサプライチェーンは、ブロックチェーンをベースとする食のトレーサビリティソリューション「TE-FOOD」で記録される。

「Bock Chain」の缶に印刷されたQRコードをスマートフォンで読み込むと専用サイトにアクセスでき、「Bock Chain」が製造されるまでのプロセスが画像、動画、マップ、データなどで閲覧できる仕組みだ。

・農業や食の分野へのブロックチェーンの活用が広がる

市場調査会社「Reportlinker」では、農業および食の分野におけるブロックチェーン市場が2018年時点の6080万ドル(約67億3100万円)から年平均47.8%で成長し、2023年までに4億2970万ドル(約475億6800万円)に達すると予測。

「Bock Chain」は、サプライチェーンのトレーサビリティを担保するのみならず、ビールが醸造されるまでのストーリーを楽しむという新しい体験を提供する試みとしても興味深い。(文 松岡由希子)

Canada Malting
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報