海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 側面からの衝突衝撃時に車体外で開くエアバッグ、ドイツメーカーが開発

Tech

側面からの衝突衝撃時に車体外で開くエアバッグ、ドイツメーカーが開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車のエアバッグといえば、衝突時に運転席や助手席の正面で開くものを想像するだろう。最近の車の中にはサイドエアバッグを搭載しているものもある。そして今後は車体の外で開くタイプも加わることになるかもしれない。

ドイツの自動車部品メーカー、ZFフリードリヒスハーフェンはここ10年ほど車体横に設置するエアバッグの開発を進めてきたが、ようやく車メーカーに提供できる段階にこぎつけたようだ。

・横からの衝撃を抑制

ZFが開発したサイドエアバッグは側面から衝突されそうになったときに開くもの。現在車に備わっているエアバッグは乗っている人を守るために車内で開くが、ZFの新エアバッグは車外で開く。

衝突しそうなことを感知するとエアバッグが開き、前輪と後輪の間のバンパーの高さのエリアをカバーする。つまり人が乗っているスペースを衝撃から守る役割を果たす。

・ミリ秒で作動

エアバッグはドアの下部に備え付けられ、センサーなども搭載する。衝突しそうであること、衝突は不可避であることをコンピューターが認識するとエアバッグが開くという仕組み。

もちろん、事故というのは一瞬の出来事だ。そのためこのエアバッグでは衝突を予見するのにいくつものセンサーやカメラ、ライダーを活用している。開発元によると、衝突の可能性を察知するとミリ秒で作動するという。

そしてもちろん、エアバッグが開くことで衝撃を和らげることができ、最終的には搭乗者の安全確保や怪我の減少に貢献する。

現段階ではこのエアバッグを搭載した車がいつ登場するかは見通せないが、近い将来、標準装備になっていてもおかしくなさそうだ。

ZFフリードリヒスハーフェン
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報