海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 電車・バス・タクシー配車などを統合したワンストップ型モビリティアプリが独ベルリンで今夏リリースへ

Start Up

電車・バス・タクシー配車などを統合したワンストップ型モビリティアプリが独ベルリンで今夏リリースへ

独ベルリン市交通局(BVG)は、2019年2月、公共交通機関と民間企業が運営するタクシー、カーシェア、レンタサイクルなどを統合した独自のワンストップ型モビリティアプリ「Jelbi」の開発に向けて、モビリティテクノロジー専...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
独ベルリン市交通局(BVG)は、2019年2月、公共交通機関と民間企業が運営するタクシー、カーシェア、レンタサイクルなどを統合した独自のワンストップ型モビリティアプリ「Jelbi」の開発に向けて、モビリティテクノロジー専門スタートアップ企業「Trafi」との提携を発表した。

・公共交通機関のほか、カーシェア、バイクシェアを統合し、最適な移動ルートを瞬時に表示

ドイツの首都ベルリンでは、BVGが運営する地下鉄、トラム、バスのほか、バイクシェアサービス「Deezer nextbike」、タクシー配車サービス「MyTaxi」、メルセデス・ベンツ傘下のカーシェアサービス「Car2Go」など、様々なモビリティサービスが運営されている。

「Jelbi」は、これらのモビリティサービスを統合し、目的地までの最適な移動ルートの検索のほか、利用予約やオンライン決済などの機能を備えたモバイル端末向けアプリ。

リトアニアの首都ヴィリニュスやインドネシアの首都ジャカルタなどでモビリティプラットフォーム構築の実績を持つ「Trafi」のテクノロジーを活用し、2019年夏には正式リリースされる計画だ。

・ワンストップ型モビリティソリューションが欧米で広がる

モビリティサービスの多様化に伴って、北米や欧州で650万ユーザーを擁するダイムラー傘下の「moovel」やフィンランド発のMaaS(サービスとしてのモビリティ)型サービス「Whim」など、複数の交通手段を統合するモビリティソリューションも広がりつつある。

2020年東京オリンピックを控えた東京や、2025年に国際博覧会の開催が決定した大阪など、日本の都市部でも、このようなワンストップ型モビリティソリューションの需要は高まりそうだ。(文 松岡由希子)

Trafi
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報