海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Apple製品を立たせた状態で充電する3in1充電パッド「iComboStand」

Tech

Apple製品を立たせた状態で充電する3in1充電パッド「iComboStand」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleのモバイル3製品、即ちiPhone、AirPods、Apple Watchを一度に充電するチャージングパッドは、既に存在する。しかしそれらは、諸々の製品を寝かせた状態で使用するものだ。

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した「iComboStand」は、製品を立たせた状態で充電することができる。これにより、iPhone本来の利便性を十二分に発揮することが可能になる。

・充電しながらビデオ通話

たとえば、iPhoneでFaceTimeを利用している場合。チャージングバッドに寝かせた状態では、無理な姿勢を要求されてしまう。

iComboStandは、各製品に角度をつけて立脚させるという答えを出した。こうすれば、ワイヤレス充電をしつつもFaceTimeで会話を楽しむことができるようになる。

もちろん、FaceTimeだけでなくYouTube等の動画サイトを視聴してもいいだろう。使い方は人により様々だ。

また、iComboStandにはAirPodsやApple Watchも立てかける機能も用意されているが、それにも増して有線充電用のUSBポートが用意されているという点は見逃せない。いざとなれば、ここから電力を引っ張ることもできるのだ。

・日本へも無料配送

iComboStandは現在、Kickstarterで資金調達キャンペーンを行っている。価格は110オーストラリアドル(約8700円)から。

出資者への配送は今年6月を予定している。日本への配送にも対応していて、別途手数料はかからないそうだ。だがもちろん、上記の出資枠は数量限定で、その残りは少なくなってきている。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報