海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ロボティックボールのSphero、今度はプログラム用ロボットをリリース!

Tech

ロボティックボールのSphero、今度はプログラム用ロボットをリリース!

Spheroといえば、スマホなどをリモコンとして使って自由自在に動かして楽しむロボティックボール。当初は、玩具的な扱いだったが、今ではコーディングなど教育要素をたっぷり含んだSTEMアイテムとなっている。 そのSpher...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Spheroといえば、スマホなどをリモコンとして使って自由自在に動かして楽しむロボティックボール。当初は、玩具的な扱いだったが、今ではコーディングなど教育要素をたっぷり含んだSTEMアイテムとなっている。

そのSpheroが今度はプログラム用のロボットを発売する。コーディングだけでなく、備え付けの各種センサーを活用して動きや機能をカスタマイズできるというものだ。

・スピーカーやアームの取り付けも

新製品「RVR」はSphero特有の球形を離れ、戦車のようなデザイン。両サイドにある“キャタピラー”で動く。

RVRの特徴は、内蔵のセンサー(色、光、加速度、ジャイロなど)だけでなく、別のセンサーを加えたり、Raspherry PiやArduinoのボード、スピーカー、アームなども取り付けることが可能となっている点だ。

たとえば、アームを取り付けて、空き缶を持って移動し、ゴミ箱に落とすなどの動きをプログラムできるなど、複雑なプログラムが可能となっている。もちろん、従来のロボティックボールのように単に動かして楽しむのもありだ。

・Kickstarterで199ドルから

RVRはこのほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場し、予定小売価格249ドル(約2万8000円)のところ、現在の出資額は199ドル(約2万2000円)〜となっている。

SpheroがKickstarterで資金調達?と不思議に思うかもしれないが、消費者からの直接のフィードバックを期待してのこと、という。

日本への送料は52ドル(約5800円)。ロボティックボール以上の機能を楽しみたい人は要チェックだ。なお、出資期限は3月21日、発送は今年10月を予定している。

Sphero RVR/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報