海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 最高時速306キロの量産SUVをベントレーが公開へ

Tech

最高時速306キロの量産SUVをベントレーが公開へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国の高級車メーカーベントレーは、展開しているSUV「Bentayga(ベンテイガ)」のプレミアバージョン「Bentayga Speed」を発表した。名称にある通り、スピード性能をアップしていて、最高時速は306キロ。同社によると量産SUVとしては世界最速となるという。

来月スイスで開催されるジュネーブ・モーターショーで公開し、今年後半に発売する予定だ。

・3.9秒で時速100キロに

最高速度時速306キロを可能にしているのが、強力なパワートレインだ。6リットルW12気筒のツインターボエンジンを搭載し、最高出力は635PS、900Nmとなっている。

100キロに到達するまでにわずか3.9秒しかかからず、スタンダードモデルより0.2秒短縮された。

従来モデル同様に全輪駆動で、8種のドライブモードを用意。スポーツモードではダイナミックな走りを体感できるという。

・シートにマッサージ機能

性能もさることながら、キャビンにもこだわりを見せている。シートにはBentaygaでは初となる高級素材アルカンターラを使用。ドアハンドルやシートクッションなど細部まで優雅なデザインに仕上がっている。

また、客が自分好みの車にできるよう、オプションも豊富だ。目を引くのがフロントシートに搭載できる機能。22通りに調整ができ、マッサージ機能などはロングドライブ時などに良さそうだ。そのほか、後部座席用のエンターテイメントやムードライティングなどもカスタマイズできる。

ラグジュアリーさを極めたこのBentayga Speed、ベントレーのサイトに写真が多数アップされているので、気になる方はそちらをチェックしてほしい。

Bentayga Speed/Bentley
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報