海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech クラシックMini がEVとなって登場! Swindが100台限定で生産へ

Tech

クラシックMini がEVとなって登場! Swindが100台限定で生産へ

趣味性の高いデザインで知られる英国発祥のクラシッMiniは世界中に根強いファンを持つ。そのクラシック MiniのEV(電気自動車)バージョンが100台限定で生産されることになった。 これまでMiniのEVは、現在の親会社...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味性の高いデザインで知られる英国発祥のクラシッMiniは世界中に根強いファンを持つ。そのクラシック MiniのEV(電気自動車)バージョンが100台限定で生産されることになった。

これまでMiniのEVは、現在の親会社BMWグループがオートショーでチラ見せしたりしたことはあったが、量産・販売されるのは初めてとなる。

・航続距離200キロ

開発を手がけるのは英国企業Swindで、ロンドンで開かれたクラシックカー・ショーで披露した。

Swind E クラシックMiniは、外観はそのままに同社が独自に開発した、80kWモーターと24 kWhリチウムイオン電池で構成される電気パワートレインを搭載する。

時速100キロまでの加速にかかる時間は9.2秒、トップスピードは時速130キロで、航続距離は200キロとなっている。他のEV車と比べると見劣りするスペックだが、趣味として乗り回す人にとってはさほど気にならないかもしれない。

・トランクが広く

また、Swind E クラシックMiniはスマホなどが充電できるようにUSBポートが設けられ、シートにもヒーターが備わるなど現代風になっている。ガソリンタンクがなくなったぶん、トランクスペースが広くなっているとのこと。

加えて、Miniファンが世界中にいることを意識してか、右ハンドル、左ハンドルどちらの注文にも対応するという。ただし、価格は2ドア4人乗りが7万9000英ポンド(約1125万円)〜となっていて、誰でも手を出せるというものではなさそうだ。

Swind
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報