海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile どのアプリがどこで今使われているかを地図に表示するiOS用アプリ、「App Map」

Mobile

どのアプリがどこで今使われているかを地図に表示するiOS用アプリ、「App Map」

便利な機能を搭載したアプリが数多く出回っているが、自分の身の周りで、どんなアプリが今使われているのか、ふと疑問に思ったことはないだろうか。 そんな誰もが抱くちょっとした疑問に答えてくれるのが、iOS用アプリのApp Ma...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
便利な機能を搭載したアプリが数多く出回っているが、自分の身の周りで、どんなアプリが今使われているのか、ふと疑問に思ったことはないだろうか。

そんな誰もが抱くちょっとした疑問に答えてくれるのが、iOS用アプリのApp Mapだ。App Mapを起動すると、現在どのアプリが、どこで一番多く使われているのかを地図に表示してくれるため、アプリの利用状況が一目で把握できる。

マップにアプリの利用状況が反映されるのは、App Mapをインストールしているユーザーに限られるため、アプリをインストールしている人が増えれば増えるほど、表示される情報は多くなるという仕組みだ。

App Mapでは自分の位置情報をもとに、今現在いるエリア付近で起動しているアプリを認知し、地図で確認することも可能だ。この機能を上手に活用すれば、特定の地域限定でテスト運用されているアプリなど、これまで知らなかった未知の新しいアプリを発見するチャンスも広がるかもしれない。

なお、App Map起動時に自分が一番最近使用したアプリの情報が自動で発信される仕組みだが、個人情報を特定されることはないので、プライバシーを流出させる心配もなく安心して使えるという。

App Map
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報