海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media ご近所SNS「Meetey」のベータ版がリリース 世界90カ国でサービス展開へ

Social Media

ご近所SNS「Meetey」のベータ版がリリース 世界90カ国でサービス展開へ

近隣に住む人でつくるソーシャルネットワークサービスといえば、米国で展開されている「Nextdoor」が有名だろう。2011年にサービスを開始して以来順調に利用者数を伸ばし、これまでに2万5000ものネットワークが構築され...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Meetey近隣に住む人でつくるソーシャルネットワークサービスといえば、米国で展開されている「Nextdoor」が有名だろう。2011年にサービスを開始して以来順調に利用者数を伸ばし、これまでに2万5000ものネットワークが構築されたという。このご近所SNSマーケットに新たに参画したのが、イスラエル発の「Meetey」だ。このほどベータ版がリリースされた。

Nextdoorが米国内のサービス展開なのに対し、Meeteyは世界90カ国以上を対象にしている。街や通りの名称を入力してメールアドレスやFacebookなどのアカウントでサインインすると利用できる。現在のところ、ユーザー数はまだ20万人。今後、ユーザーの増加に伴いネットワークの数も増えてくることが見込まれる。

ご近所SNSに馴染みがない人のために説明すると、このサービスでは近隣の住人同士のみで情報を共有できるネットワークを構築できる。そこでは、住人が互いに知り合うことができるだけでなく、近隣で起きた犯罪事件や自然災害などの情報を共有したりできる。また、「迷子のペットを探しています」「今夜○時から○○でイベントやります」という掲示もできる。つまり古き良き時代の「フェイストゥーフェイス近所付き合い」や「回覧板」がネット上で行えるというわけだ。

Meeteyではマップに周辺の小売店やレストランなどもアイコン表示されるので、引っ越してきたばかりでエリアをもっと知りたいという人や、親しいご近所友達をつくりたいという人には便利だろう。実名ユーザーが多く、“顔の見える関係”を築くことができるサービスとなっている。

Meetey
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報