海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech EV非接触充電のスタンダードができるかも?! WiTricity、クアルコムの部門を買収

Tech

EV非接触充電のスタンダードができるかも?! WiTricity、クアルコムの部門を買収

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)の充電といえばプラグを差し込んで行うのが一般的だが、これをワイヤレスで行う技術を開発・提供しているWiTricityが同様の技術を持つクアルコムの部門を買収した。

この買収でWiTricityはクアルコムが持つ特許にアクセスできるようになり、一方でクアルコムがWiTricityの株主になるなど、一体となってEV非接触充電のスタンダード構築に取り組むことになりそうだ。

・トヨタも契約の技術

マサチューセッツ工科大学のスピンオフ企業WiTricityは、パッドの上に停めたEVに磁場を介して給電を行うシステムを車メーカーなどに提供している。

2016年にGMとの提携のもとにプロトタイプを発表。その後、さまざまな企業への技術提供を進めていて、トヨタとも昨年ライセンス契約を結んでいる。

・確固としたシステムに

一方のクアルコムは2011年にオークランド大学が開発した技術Haloを買収して独自に開発を進めてきた。アプローチは若干異なるようだが、ワイヤレスでEVを充電するという点ではWiTricityもクアルコムも同じだ。

今回の買収で、WiTricityはクアルコムが持つ新たなワイヤレス充電に関する特許1500件余りにアクセスできるようになり、それぞれの技術を補う形でシステムを確固としたものにできる。

今後視野に入ってくるのが、ワイヤレス充電のスタンダード構築だ。技術として一本化されれば、あらゆるところで同じシステムを使うことができ、ユーザーの利便性向上に貢献することが期待される。

WiTricity News Release
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報