海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 空も飛べるロボット「Leonardo」を 米大学が開発中

Tech

空も飛べるロボット「Leonardo」を 米大学が開発中

二本足で歩くヒト型ロボットや四つ足走行ができるイヌ型ロボットはすでに研究が進んでいる。その一方で、飛行できるドローンも次から次へと商品化されている。 そうした歩行、飛行の能力のどちらも有する新手のロボットの開発が現在、米...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
二本足で歩くヒト型ロボットや四つ足走行ができるイヌ型ロボットはすでに研究が進んでいる。その一方で、飛行できるドローンも次から次へと商品化されている。

そうした歩行、飛行の能力のどちらも有する新手のロボットの開発が現在、米国のカリフォルニア工科大学(Caltech)で進められている。将来的には、惑星探査などに活用することを想定しているようだ。

・重量2.7キロ

歩いたり飛行したりというスーパー能力を持つロボットの名称は「Leonardo」。二本の足が伸び、胴体部分の横にはブレードを備える。これにより、歩いたり、飛んだりすることができる。

Leonardoは全体的に細めで華奢な印象だが、これは飛ぶことを前提としているため。カーボンファイバーを採用し、重量は2.7キロに抑えている。高さは0.8メートルだ。

・飛び越える能力

しかし飛ぶといっても、Leonardoはドローンのように空高く、そして長い距離を飛行するわけではない。飛行というより宙を舞う感じだ。

Leonardoは月や火星など惑星探査での活用を想定していて、たとえば探査時に岩石がごろごろするような斜面に出くわしたら、よじ登るのではなく、飛び越えることができるようにする、といった対応を思い描いている。確かに飛び越えられる能力があれば、効率よく作業が行えそうだ。

その一方で、CaltechがリリースしたLeonardoのビデオには、ラケットを持ったLeonardoが宙に浮かびながらテニスをしている図が示されていて、宇宙探査以外の活用法も示唆している。

Leonardoについては、Caltechで研究を行なっていたAlireza Ramezani氏がノースイースタン大学に移ったため、同大学からも発表されている。

ノースイースタン大学
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報