海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 親しい人とだけシェアするSNS「Bokeh」 過去投稿の閲覧が容易

Mobile

親しい人とだけシェアするSNS「Bokeh」 過去投稿の閲覧が容易

自分の考えや写真を多くの人に公開するFacebookなどのソーシャルネットワークサービスは、外交的な人にはうってつけのサービスだ。一方で、不特定多数への公開に抵抗を感じる人がよく利用するのがジャーナルだろう。その中間とも...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
bokeh自分の考えや写真を多くの人に公開するFacebookなどのソーシャルネットワークサービスは、外交的な人にはうってつけのサービスだ。一方で、不特定多数への公開に抵抗を感じる人がよく利用するのがジャーナルだろう。その中間ともいえるサービス「Bokeh」のiOSアプリがこのほどリリースされた。基本的には写真をアップしたりメモをしたりして自分のためのアルバム&日記サービスだが、必要に応じてシェアしたい相手にアクセスを許可できる。

リリースの意義について、創設者のひとりは「ジャーナルサービスはすでにたくさんあるが、それらはややプライベートすぎる。またFacebookなどは記録というより広く公開するためという性格が強い」と話す。多くの人の目にさらすことなく、日々の記録をし、人を選んで公開もするツールというわけだ。基本的には公開されるようにデフォルト設定されているが、パスワードを追加してプライベートにできるようになっている。

Bokehは、「あの日何をしたか」と過去を簡単に振り返れるのも売りだ。例えば、1年前の今日何をしていたかチェックしたい時は、カレンダーを表示してその日付をタップすれば、その日記録した写真やメモが閲覧できる。日付順に表示されるストリームラインだとたくさん記録があればあるほどたどり着くのに時間がかかるが、カレンダー式はその日の記録にピンポイントでいくのがいい。また、データのアップロード量に制限がないのも、写真を多く撮る人にとっては嬉しい。

アプリは無料。現在はiOSのみだが、近々Androidとウェブにも対応する計画だ。

Bokeh
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報