海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Amazon、新拠点を置くNYCの高校でコンピューター・サイエンス授業を無料提供

Enterprise

Amazon、新拠点を置くNYCの高校でコンピューター・サイエンス授業を無料提供

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonが新たな拠点を米国ニューヨーク州クイーンズに設置すると発表したのは記憶に新しいところだ。拠点を置くとなると雇用が生まれ、地元経済の活性化が期待できる。

しかし、Amazonは経済面以外でも地域に貢献しようとしている。同社はニューヨーク市内にある高校130校でコンピューター・サイエンスの授業を無料提供する計画を発表した。

・教師のサポートも

計画では、Amazon Future Engineerプログラムが入門クラスとAP(早期履修)プログラムの授業を、ニューヨーク市内全5区の高校130校で展開する。

授業に加えて教師向けの専門技術サポートも行い、またプログラムに参加する全生徒と教師はAWS Educateのメンバー資格が与えられ、無料でAWSクラウドが利用できるようになる。

・将来の人材を育成

Amazon Future Engineerプログラムでは、年間1000万人の子どもがコンピューター・サイエンスを学べるようにすることを最終目標に掲げている。さらには授業とは別に、奨学金制度やAmazonでのインターンを体験できる制度も設けている。

Amazonがなぜここまでするのかといえば、もちろん社会貢献だけではない。コンピューター・サイエンスの専門家が近い将来絶対的に不足するとされていて、人材の育成につながるからだ。つまり、ITをフルに活用しているAmazonも恩恵を受けることになる。

今回の取り組みがIT社会、そしてAmazonにとってどのような効果を生み出すかは、今後明らかになるだろう。

Amazon
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報