海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech HTTのハイパーループ車両、フランスの施設でテスト開始

Tech

HTTのハイパーループ車両、フランスの施設でテスト開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代輸送システムのハイパーループがまた一歩実現に近づいた。米Hyperloop Transportation Technologies(HTT)はフルスケールの車両を、製造地のスペインから試験トラックのあるフランスに運び込んだことを明らかにした。

すでに最終テストが始まっているという。また、今回の運び込みに際し、HTTのCEO、Dirk Ahlborn氏は初の商業運転を2022年に見込んでいることも明らかにした。

・1500キロ移送

「Quintero One」と呼ばれる新車両は、スペインのAirtficial社が製造を手がけ、昨年10月に披露されていた。HTTはまた、車両の製造を進める一方で実物大のチューブと車両を使って試験を行う施設をフランスに建設していた。

車両製造工場からHTTの試験施設があるフランス・テゥールーズまで約1500キロ。32メートルもある車両をトラックに乗せてゆっくりと走行し、試験施設に運び込んだ。HTTによると、すでにテストが行われているという。

・2022年前に試乗?

昨年の車両公開時にCEOは2019年には客を乗せられる、としていたが、今回その発言を若干修正し、「2022年にも初の商業運転を行うことを想定している」としている。

もっとも、「棄権証書にサインする人はもう少し早く乗車できるかもしれない」と含みを持たせている。

ハイパーループのスピードは時速1000キロ超とされていて、新幹線の比ではない。現在、HTTの商業運転計画がサウジアラビアなどで進められていて、たとえば車で2時間ほどかかるドバイ−アブダビ間がわずか12分で結ばれることになるという。

夢の高速輸送システムの動向から今後も目が離せない。

HTT/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報