海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 歩行訓練機器の「Honda歩行アシスト」、欧州で医療機器認証を取得

Tech

歩行訓練機器の「Honda歩行アシスト」、欧州で医療機器認証を取得

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
病気や障害などで歩行に困難を抱える人の訓練のための機器として、ホンダは日本で医療機関向けに「Honda歩行アシスト」を展開している。

装着者の動きをサポートして歩行訓練を補助するというものだが、この歩行アシストがこのほど欧州で医療機器認証を取得した。これにより、欧州で販売することが可能となった。

・足の動きを誘導

Honda歩行アシストは腰と腿につける機器で、腰フレームとモーター、大腿フレームの3つから構成される。腰フレームにバッテリーと制御コンピューターを搭載する。

股関節の動きを内蔵センサーで感知し、足を前に出す動きや蹴り出しを誘導するというもの。動きをサポートするだけでなく、たとえば左右の足の屈曲や伸展のタイミングが対称になるようにするモードも備えている。

・重さ約2.7キロ

動きをアシストする医療機器と聞くと大がかりなものをイメージしがちだが、Honda歩行アシストはモーターを薄型にするなどして小型軽量をはかった。重さは約2.7キロだ。

また座ったままでも装着でき、腰や大腿のフレームはサイズを調整できるようになっている。

加えて、左右の対称性や可動範囲、歩行の速度といったデータも計測でき、訓練をするなかでどれくらい歩行機能が改善しているかを客観的に把握できる。

欧州での医療機器認証と時期を同じくして、ホンダは米国での医療機器の認証も取得していて、今年はHonda歩行アシストをグローバル展開する年となりそうだ。

Honda
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報