海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Amazon、自社製ロボット「Scout」による配達テストを開始

Tech

Amazon、自社製ロボット「Scout」による配達テストを開始

Amazonのロボットを使った配達というと、ドローンの活用が真っ先に思い浮かぶかもしれない。しかし、より“地に足をつけた”タイプのテスト運用が始まった。 クーラーボックスのような外観の電動自律走行ロボット「Scout」だ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonのロボットを使った配達というと、ドローンの活用が真っ先に思い浮かぶかもしれない。しかし、より“地に足をつけた”タイプのテスト運用が始まった。

クーラーボックスのような外観の電動自律走行ロボット「Scout」だ。同社は米国時間23日、Scoutによるテスト配達をワシントン州で開始したと発表した。

・Prime会員対象

ボックスデザイン、6輪を備えている点などTechacleでこのほど取り上げたStarshipTechnologies社のデリバリーロボットとそっくりだ。だが、もちろんScoutはAmazon製。「物を運ぶ」という役目からこうした似たようなデザインになるのかもしれない。

Amazonの発表によると、テストが行われるのはスノホミッシュ郡で、Primeメンバーを対象にしたサービスとなる。商品の購入時に、従来通りの配達かScout配達かを選べる。

・人の歩行と同じスピード

Scoutは、人が歩行するのと同じスピードで動き、人やペット、そのほかの障害物などを避けながら走行する。ただし、テスト運用とあって当面はスタッフが付き添うとのこと。

デモビデオでは、Scoutが玄関先に到着するやいなや、カスタマーがタイミングよく家から出てきてさっと荷物を取り出しているが、実際にどうやって解錠するかなどは不明だ。

Amazonは、留守宅の玄関の鍵を配達者が開けて荷物を家のなかに運び入れるサービス「Amazon Key」を展開しているが、他人に家の中に入られるより、ロボット配達の方が心理的ハードルは低いかもしれない。

Amazon
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報