海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech サムスン、ラップトップ向け15.6インチOLEDディスプレイを発表

Tech

サムスン、ラップトップ向け15.6インチOLEDディスプレイを発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
サムスンは初の15.6インチ4K OLED(有機EL)ディスプレイを発表した。コントラスト比の高い色鮮やかな映像を楽しめるのがメリットで、テレビでは浸透しつつある有機ELだが、これをラップトップにももってこようというものだ。

2月中旬にもパネルの製造を開始する。

・本当の黒も表現できる

有機ELは、何と言っても映像がきれいなのが特徴。液晶の場合はバックライトが画面を光らせているが、有機ELではピクセルが個々に光るので、色を正確に表現できる。

また、カラフルな画面ばかりではなく、“本当の黒”も出せる。

・薄型軽量

HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応する。こちらは色を繊細に出すことができ、明暗差を効果的に表現できる。

これらにより、かなりリアルな映像を楽しめるようになるのだが、品質に加え、OLED ディスプレイは薄くて軽く、またLCDなどに比べて消費電力が小さいのもメリットだ。

高画質で小型・軽量、バッテリーも長寿命のラップトップPCの需要はかなりあるだろう。ただし、現段階ではサムスンはどのメーカーがこのディスプレイを採用するかは明らかにしていない。

一方、4K OLEDのラップトップPCに関しては、デルがXPS 15 Alienware M15とG15を3月に、ヒューレット・パッカードがSpectre x360 OLED 2-in-1ラップトップを7月に発売する計画だ。

Samsung
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報