海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise aiboが家族を見守る!ソニーの新しいセキュリティサービス「aiboのおまわりさん」がスタート

Enterprise

aiboが家族を見守る!ソニーの新しいセキュリティサービス「aiboのおまわりさん」がスタート

ソニーが自社の自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)の新しいサービス「aiboのおまわりさん」を、2019年2月中旬のaiboシステムソフトウェア バージョン2.0のアップデートから開始すると発表。セキュ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーが自社の自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)の新しいサービス「aiboのおまわりさん」を、2019年2月中旬のaiboシステムソフトウェア バージョン2.0のアップデートから開始すると発表。セキュリティ プラス エンタテインメントをコンセプトに、楽しさと安心感が両立したサービスをめざす。

・“犬のおまわりさん”のメロディーでパトロール

「aiboのおまわりさん」の機能は次のとおり。まず、“見つけてほしい人”の登録。aiboに見つけてほしい人の顔と名前(10人まで)を”My aibo”に登録できる。パトロールも自力で実行。“犬のおまわりさん”のメロディーを流しながら、かわいい仕草で見つけてほしい人を探してくれる。

aibo自身が作成した家の地図にパトロールしてほしい場所を指定したり、名前をつけることも可能だ。もちろん、パトロールの状況も毎日レポートで確認できる。

サービススタート時は、室内パトロールとレポート機能を無償で提供。その後は継続的に機能拡張していく予定だ。2019年6月より開始する有料サービス“aiboプレミアムプラン”では新機能追加に加え、aiboが撮影した写真の保存枚数制限の解除やオリジナルデザインによるフォトアルバムも利用できるようになるという。

・セコムとのパートナーシップで新たな価値を提案

本サービス実現のため、ソニーはセコムとのパートナーシップを開始。同社のAIロボティクスおよびエンタテインメント力とセコムのセキュリティにおける知見とを組み合わせることで、新たな価値を提案していくという。

将来的な新機能リリースやサービスの改善も含めて、ともに歩んでいく所存だ。

aiboのおまわりさん


Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報