海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Apple 、2020年製造のiPhoneからLCDと決別!?OLEDスクリーン移行をめざして準備開始か?

Enterprise

Apple 、2020年製造のiPhoneからLCDと決別!?OLEDスクリーン移行をめざして準備開始か?

Appleが2020年以降製造のiPhoneより、LCDスクリーンの採用を止めるらしい。Wall Street Journal(以下WSJ)の報道によると、今年のiPhone XRの後継機種が最後の主力LCDモデルになる...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleが2020年以降製造のiPhoneより、LCDスクリーンの採用を止めるらしい。Wall Street Journal(以下WSJ)の報道によると、今年のiPhone XRの後継機種が最後の主力LCDモデルになるという。2020年からすべてのiPhoneはOLEDディスプレイに切り替わる可能性が濃厚だ。

・LCDは時代遅れ!?

かねてよりOLEDディスプレイへの移行がささやかれていたApple。iPhone XRで採用されるのではないかと期待されていたが、結局はLiquid Retinaに留まった。しかし、LCDは主にスタンドアロンのバックライトコンポーネントを必要とするため、ここ数年で時代遅れになりつつある。

一方OLEDスクリーンのピクセルは自発光素子で構成されていて、ピクセル一つひとつが自ら発光するので、さまざまな形状のデバイスに使用できる。OLEDへの移行は、iPhone新時代を予感させると同時に“より柔軟な機器設計”を可能にするだろう。

・Appleの決意が業界に与える影響は大

iPhoneのラインナップが全面的にスクリーン技術に切り替えられれば、OLEDメーカーの収益は一気にアップするに違いない。

これとは逆に打撃を受けるのがLCDパネルサプライヤーだ。近年はサムスンがフォルダブルフォンを発表するなど、大手企業がこぞってLCDと決別する気配をにおわせている。LCDパネルサプライヤーは新たな収益源を見つけるために、奮闘しなければならないだろう。WSJレポートでも日本ディスプレイがAppleからのLCD注文に大きく依存していることを述べ、その未来について懸念している。

ファンにとって待ちに待ったOLEDディスプレイだが、iPhoneの全面採用が業界にもたらす影響は大きそうだが、これも時代の流れだろう。

souce by 9TO5Mac
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報