海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ジョギング中の足の動きをチェックするスマートシューズ ケガ防止目的に開発中

Tech

ジョギング中の足の動きをチェックするスマートシューズ ケガ防止目的に開発中

ジョギングはポピュラーなエクササイズのひとつだが、足にマメやタコができたりして苦痛を味わったことのある人も少なくないだろう。人それぞれに走り方にクセがあるものだが、ドイツで開発中のランニング用シューズは足に負担がかかる走...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
smartshoesジョギングはポピュラーなエクササイズのひとつだが、足にマメやタコができたりして苦痛を味わったことのある人も少なくないだろう。人それぞれに走り方にクセがあるものだが、ドイツで開発中のランニング用シューズは足に負担がかかる走り方をしていないかどうかをチェックしてケガ防止に役立てることができるというものだ。シューズに埋め込まれたセンサーやGPSなどがデータを集め、専用アプリに表示してくれる。

シューズのソール部分にセンサーやマイクロエレクトロニクスを埋め込んでいて、地面を蹴る動きや足首の使い方、体重のかけ方のバランスなどをチェックしてくれる。またGPSなどを使ってランニングのスピードや距離などを計測する。そうしたデータはすべてBluetoothでアプリをダウンロードしたスマホに送られ、ユーザーはアプリでデータを閲覧できる。データは特殊なアルゴリズムで分析され、必要に応じてケガを防ぐような足の使い方や練習量などを提案してくれる。

ドイツの研究機関「Fraunhofer」が開発を手掛けている。開発者によると、フォームを改善することで捻挫などのケガを防ぐことが期待でき、より効果的なエクササイズにつなげられるという。シューズは専用充電器にのせると充電できるので何回でも使えるようになっている。すでにプロトタイプとアプリは完成し、現在センサーなどの小型化と軽量化を進めている。2015年始めまでには商品化される見込みという。

Fraunhofer
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報