海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 何もしなくてもスマホが充電される!? 真のワイヤレス充電スマホケース2020年までに登場か

Tech

何もしなくてもスマホが充電される!? 真のワイヤレス充電スマホケース2020年までに登場か

ワイヤレス充電というと、パッドなどの上にスマホを置くだけで充電できるシーンを思い浮かべる人が多いだろう。確かにケーブルをつなぐ必要がなく、これは便利。しかしOssiaが開発中なのは、パッドに置くことすら必要ない真のワイヤ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイヤレス充電というと、パッドなどの上にスマホを置くだけで充電できるシーンを思い浮かべる人が多いだろう。確かにケーブルをつなぐ必要がなく、これは便利。しかしOssiaが開発中なのは、パッドに置くことすら必要ない真のワイヤレス充電だ。

専用のチップを内蔵するケースを使用することで、無線トランスミッターを設置した部屋では電力の信号をキャッチしてスマホが充電されるというものだ。

・電力を“空中キャッチ”

無線トランスミッターを活用した技術そのものは決して目新しいものではなく、ワイヤレスで給電できることはわかっていたが、まだ商品化されていない。

しかし今回、OssiaはアクセサリメーカーSpigenの協力のもと、iPhone X用ケースのプロトタイプ「Forever Sleeve」を実際に作り出した。

このケースにはOssiaが開発したチップCotaが内蔵され、トランスミッターから送られる電力を“空中キャッチ”して充電する。

・Wi-Fiに似ている

無線で電力を送ることってどういうこと?と思うだろう。イメージとしてはWi-Fiに近い。Forever Sleeve では、チップのCotaがまずビーコンシグナルを発し、トランスミッターを探す。そして近くに見つかったとき、トランスミッターから同じ道を通って電力が送り返されるという仕組み。

これだと、スマホを持って動き回っていても充電できるというメリットがある。ただし、トランスミッターから3〜3.6メートルの範囲でのみという制限がある。しかし、これはトランスミッターを複数カ所設けたら解決しそうではある。

残念ながらこのケースはまだプロトタイプの段階で、Ossiaは「遅くとも2020年までには発売したい」としている。早期の商品化を期待したいところだ。

Ossia
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報