海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech その場で着る人のサイズに合わせられる“スマートセーター”開発中

Tech

その場で着る人のサイズに合わせられる“スマートセーター”開発中

服を買いに行き、自分にぴったりのサイズのものを見つけられなかった経験はないだろうか。Sサイズだと小さすぎるし、Mサイズだとゆったり過ぎる−。 そんな悩みから解放してくれるテクノロジーを搭載したセーターが間もなく米国で登場...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
服を買いに行き、自分にぴったりのサイズのものを見つけられなかった経験はないだろうか。Sサイズだと小さすぎるし、Mサイズだとゆったり過ぎる−。

そんな悩みから解放してくれるテクノロジーを搭載したセーターが間もなく米国で登場しそうだ。なんと、売り場で着る人の体型に合わせてサイズを変えられるというものだ。

・熱で縮ませる

サイズを変えるといっても、このセーサーの場合、大きいものを縮小するというもので、逆方向はない。しかし、大量生産の服をオーダーメードのように着る人の体にぴったりのものにするという点で画期的だ。

この“スマートセーター”はボストン拠点のアパレルメーカーMinistry of Supplyがマサチューセッツ工科大学(MIT)Self-Assenmbly Labとのコラボで開発中。

バッテリーや形状記憶などは一切使っておらず、熱を加えると縮む素材で作られていて、着る人の体に合わせてゆるい部分にヒートガンで熱を加える。

肩はぴったりだけどウエスト周りがゆるいというときは、そのゆるい部分だけを縮ませることで“テーラーメード”のような仕上がりとなる。

・偶然の発見

実はこの生地は、ラボがさまざまな素材を組み合わせながら、温度や湿度に応じて形や多孔性を調整できるような生地の開発に取り組む中で、偶然、発見した。この技術を採用したのが今回のセーターというわけだ。

実際に生地にどんな素材が使われているのかはこの技術の肝となるので明らかにされていない。

ズボンの裾上げのような感覚でセーターをその場でジャストサイズにしてもらえるこのスマートセーターは3、4カ月以内に発売される見通しだ。

MIT Self-Assenmbly Lab
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報