海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 3万円以下のハンディタイプ3Dスキャナーが登場

Tech

3万円以下のハンディタイプ3Dスキャナーが登場

3Dスキャナーが身近に!ついに3万円を切る3Dスキャナーが登場した。「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」は、スキャンにより取得した物体形状と表面テクスチャデータを使用することで、3Dモデリング作成に必...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
3Dスキャナーが身近に!ついに3万円を切る3Dスキャナーが登場した。「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」は、スキャンにより取得した物体形状と表面テクスチャデータを使用することで、3Dモデリング作成に必要な時間を大幅に短縮することに成功。

従来の測定ツールでは計測できないかった内部構造のサイズを測定することも可能になった。

・持ち運びやすく使いやすい

ハンドヘルド3Dスキャナー 1.0 Aを使用して人や物をスキャンし、3Dデータにすることを可能にした「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」。

コンパクトで軽いので簡単に持ち運びも簡単だ。ノートPCの液晶に装着することで、ノートPCを動かしながらスキャンすることも可能。本体サイズは41×61×157mmで、重量はわずか238gと軽量のため、片手で簡単に操作が行える。

XYZscan Handyを使用し、スキャン後に編集した3Dデータは、.stl .obj .ply .fbxといった複数の形式にのエクスポートに対応している。

・3Dギャラリーで共有する楽しみも

製品や歴史的な価値がある品物を3Dスキャンし、3Dギャラリーに公開することも可能だ。スキャナーでスキャンしたデータを共有するという楽しみ方も。

スキャンしたお気に入りのデータは、是非シェアしてみてはいかがだろう。3Dスキャナーが身近になることで、多くの人が様々な作品作りに挑戦できるようになるのは大きなメリットだろう。

XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報