海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ホームレスに真冬の避難場所を提示するデジタルサイネージ「Clear Channel」、ストックホルムで運用開始

Tech

ホームレスに真冬の避難場所を提示するデジタルサイネージ「Clear Channel」、ストックホルムで運用開始

ヨーロッパでは、押し寄せる難民の影響からか、ここ数年、ホームレスが増加している。北欧きっての福祉国家スウェーデンも、例外ではない。厳しい冬を迎えた今、ホームレスをいかにして守るかが、早急な課題となっている。 ・老舗広告会...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨーロッパでは、押し寄せる難民の影響からか、ここ数年、ホームレスが増加している。北欧きっての福祉国家スウェーデンも、例外ではない。厳しい冬を迎えた今、ホームレスをいかにして守るかが、早急な課題となっている。

・老舗広告会社との強力タッグ

真っ先に対策を講じたのは、冬場の平均気温がマイナス1度になるストックホルム。民間企業と協同で、デジタルサイネージを活用した、都市部らしい救出策を編み出した。

プロジェクトに協力したのは、屋外広告会社のClear Channel。1879年の創立以来、スウェーデン国内の屋外広告をリードしてきた老舗企業だ。近年は、デジタルサイネージをメインに、さまざまな広告戦略を展開している。

・マイナス7度以下になると避難場所を掲示

今回のプロジェクトのために、Clear Channel社は、自社の掲示板に、巧妙なプログラムを施した。普段は商用広告を掲示しているが、気温がマイナス7度以下になると、自動的に、避難所指示の画面へと変換される。正確なナビゲーションを提供するため、位置データを使用。市内のホームレスを対象に、毛布や食べ物を配る場所や、避難施設が掲示される仕組みだ。

12月にスタートしたこのプロジェクトは、1月末まで継続する予定。結果が良ければ、ストックホルム以外の都市でも、展開するつもりだという。

Clear Channel
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報