海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ハーレーダビッドソンの初電気バイク「LiveWire」は300万円台!

Tech

ハーレーダビッドソンの初電気バイク「LiveWire」は300万円台!

創業116年の老舗バイクメーカー、ハーレーダビッドソンは同社初の電気バイク「LiveWire」の予約受付を開始した。価格は2万9799ドル(約324万円)。 電気バイクながら、加速の際の独特のエンジン音を再現しているとい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
創業116年の老舗バイクメーカー、ハーレーダビッドソンは同社初の電気バイク「LiveWire」の予約受付を開始した。価格は2万9799ドル(約324万円)。

電気バイクながら、加速の際の独特のエンジン音を再現しているという。8月から生産が始まり、納車は秋以降となる。

・高嶺の花

電動バイクにこの値段を払うかは悩むところだ。というのも、“バイクのTesla”と呼ばれているZeroのSモデルは1万995ドル(約120万円)〜で、より長い距離を走るSRモデルでも1万6495ドル(約180万円)となっている。

3万ドル近くというのは乗用車並み。多くの人にとっては高嶺の花で、ハーレーの根強いファンでも躊躇する人が出てきそうだ。

・航続距離は約177キロ

もっとも、性能に信頼を置けるのがハーレーダビッドソン。最初のプロトタイプ発表時には0~60mphの加速は4秒以下とされていたが、最終プロダクトは3.5秒以下となるという。航続距離は約177キロ。

また、LiveWireはWi-Fi、Bluetoothを搭載し、「H-Dコネクト」と呼ばれる遠隔管理システムでアプリを介してオーナーにバッテリー充電やメンテナンスのリマインダーなどのデータを提供する。アプリでは週、月、年単位での走行距離なども管理できる。

電気バイクということで、クラッチやギアチェンジがないのは古参のバイクファンにとってはさみしいかもしれない。しかし経験の浅いライダーにとってシンプル操作は魅力となり、ハーレーダビッドソンは親しみやすさをアピールすることで新たなライダー獲得を模索できそうだ。

Harley Davidson
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報