海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ダイムラー、10年以内に自動運転トラック発売! レベル4技術搭載に5億ユーロ投資

Tech

ダイムラー、10年以内に自動運転トラック発売! レベル4技術搭載に5億ユーロ投資

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動運転というと我々が日常でハンドルを握らなくてもよくなるシーンを思い浮かべる人が多いだろう。

しかし、乗用車より自動運転導入のメリットが大きいのはトラックかもしれない。独ダイムラーは、自動運転技術レベル4を搭載したトラックの開発に今後5億ユーロ(約621億円)を投資し、10年以内に商品化すると発表した。

・完全自動運転の一歩手前

トラック輸送は物流の重要な部分を占めているが、長距離の場合、ドライバーへの負担が大きい。そこを自動運転でカバーできるとなればかなりの効率化が図れるとして、ダイムラーは今後重点的に開発を進める。

自動運転の技術は全てを人が行うレベル0から、あらゆる状況で全操作を車が行うレベル5まで分けられている。今回、ダイムラーが目指すレベル4というのは、完全自動運転の一歩手前で、特殊な状況をのぞいてほぼ自動運転となるという。

・米国で試験開始

そうした技術の実用化は当然のことながらあらゆる状況で試験を重ね、精度を高める必要がある。そのためのテストをダイムラーは今年、米国で開始するという。

一方、同社は初の自動運転レベル2を搭載した大型トラックFreightliner Cascadia(クラス8)の導入も発表。7月から量産を開始し、年末までには路上を走るようになる見込みだ。

自動運転をめぐっては各メーカーが開発にしのぎを削っている。10年後、ハンドルを誰も握っていない車やトラックが高速道路を行き交う時代になっているのかもしれない。

Daimler
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報