海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 14万人が足止め!英国ガトウィック空港閉鎖事件をもたらしたドローン

Enterprise

14万人が足止め!英国ガトウィック空港閉鎖事件をもたらしたドローン

クリスマス休暇で沸き立つイギリスを襲った、不運な事件。英国で2番目の規模を誇るガトウィック空港に、ドローン(小型無人機)が侵入。一時閉鎖により、14万人の利用客に影響が出た。 ・事件解決に陸軍の影 事件が起こったのは、1...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマス休暇で沸き立つイギリスを襲った、不運な事件。英国で2番目の規模を誇るガトウィック空港に、ドローン(小型無人機)が侵入。一時閉鎖により、14万人の利用客に影響が出た。

・事件解決に陸軍の影

事件が起こったのは、12月19日の夜。複数のドローンが、敷地のフェンスを越え、滑走路に侵入する事態が相次いだ。サセックス警察は、安全のため、21日午前6時半まで、滑走路を閉鎖。約1000便が欠航、もしくは目的地変更となった。

3日間の閉鎖を経て、21日の夜に犯人の男女を逮捕。一応、事件そのものは解決した。国民の不安を煽ったのは、その手段。警察は一連の騒動を抑えるため、英国陸軍に支援を依頼。軍用グレードのアンチドローン装置を使って、ドローンと犯人の捕獲を成し遂げた。システムを開発したのはイスラエルの防衛請負業者Rafael社。無人機の無線信号を妨害し、飛行機を安全に着陸させることができるという。

・ガトウィック空港とヒースロー空港がアンチドローンシステムを導入

犯人逮捕後、軍は即刻空港から装置を撤去している。しかし、ガトウィック側は今回の事件を受けて、アンチドローンシステムの独自導入を決意。軍用グレードの装置を設置するため、巨額の費用を投じたことを明らかにした。これに賛同するかのように、ヒースロー空港でも同様のシステム購入に踏み切っている。

イギリスでは、ドローン人気と相まって、ここ数年、航空機をめぐるトラブルが多発している。グレイリング運輸相は、ガトウィック空港での事態に対して「これまでイギリスが経験したことのない出来事」とコメント。政府の方針として、ドローン規制の強化とともに、利用者の年齢制限なども検討する予定だ。

年が明けても、事件そのものはいまだにしこりとなって国民の記憶に残っている。ドローンがいかに、交通インフラの脅威となるか、その対策を含めて、大きな課題となったのは間違いない。

souce by THE VERGE

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報