海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ディスプレイに触れずにデバイスをジェスチャー操作できるGoogleの技術「Project Soli」がFCCを通過!

Tech

ディスプレイに触れずにデバイスをジェスチャー操作できるGoogleの技術「Project Soli」がFCCを通過!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年にGoogleがプロトタイプを公開した「Google Soli」というプロジェクトをご存知だろうか?デバイス本体に搭載された小型のレーダーセンサーで指のジェスチャーを感知してデバイスを操作するという画期的な技術だ。

Reutersによると先日、本技術が米国の連邦通信委員会(FCC)の認可を得たとのことなのだ。

・親指と人差し指中心のジェスチャー

本技術を可能にするのは、デバイスに搭載される超小型のレーダーセンサーだ。主に人差し指と親指の動きを感知して、デバイスのディスプレイに触れずともデバイスを操作することが可能になるという。

例えば、親指と人差し指でダイヤルを回すようなジェスチャーをすることでスマートウォッチ上のアプリや機能を切り替えることができたり、パチっと指をならすようなジェスチャーでスピーカーの音楽再生/停止ができるようになったりと、本技術は私たちに新たなUIを提案してくれそうだ。

・今後あらゆるモバイルデバイスに搭載される可能性も?

さて、デモで紹介されたのは本技術が搭載されたスマートウォッチやスピーカーだが、ほかにもあらゆるモバイルデバイスに搭載される可能性を秘めている。例えば、容易に想像がつくのがスマホやモバイルPCなどへの採用だ。

音量調整や画面スクロールの際に、指の動作でサッと操作できるというのはなかなか快適かもしれない。一方で「現状のUIでも十分快適なのでむしろ手間だ」という声もあるかもしれない。スマートスピーカーをはじめとする音声操作との関係も気になる。

このあたりの意見は、Googleが本技術をいかにスムーズにコンシューマープロダクトに落とし込めるかどうかで分かれそうだ。私たち一般ユーザーが本技術を試すまでにはまだまだ時間がかかるだろうが、個人的には私たちとデバイスとの関係を変える新たなUIの登場を歓迎したいところだ。

執筆:Doga

Reuters

9to5Google

The Verge/YouTube
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報