海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech どこでもEVを充電! VW、最大15台分に対応する簡易式充電ステーション展開へ

Tech

どこでもEVを充電! VW、最大15台分に対応する簡易式充電ステーション展開へ

電気自動車(EV)が浸透するにつれ、充電ステーションもいま急速に増えつつある。ドイツ大手自動車メーカー、フォルクワーゲンも力を入れているが、その一方で今年新たに簡易式の充電ステーションを投入すると発表した。 イベント会場...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)が浸透するにつれ、充電ステーションもいま急速に増えつつある。ドイツ大手自動車メーカー、フォルクワーゲンも力を入れているが、その一方で今年新たに簡易式の充電ステーションを投入すると発表した。

イベント会場などに一時的に設置できるタイプで、恒常的な設置がためらわれるようなシーンで活躍しそうだ。

・ドイツで試験展開

2019年上半期に最初のユニットが登場し、まずはドイツ・ヴォルフスブルクで試験展開する。

この充電ステーションはどこにでも設置できる。基本的に、コンサートや博覧会といった大型イベントの特設会場などに設置して、EVユーザーの利便性につなげることができるというもの。

そしてイベント終了時には回収できる。早い話、イベント会場でよく見られる仮設トイレのような使用法となる。大きさもそれに近い。

・4台同時に充電

フル充電されたユニットでは、標準的なEVバッテリー15台分を充電できるとのこと。“空”になったら別のものと取り替えられ、もし近くにACパワーサプライがあればそこにつなげて充電して繰り返し使ってもいい。

ちなみに、このユニットにはEV4台を同時につなげられ、うち2つはDC急速充電に対応する。

ユニットはイベント会場などでの活用がメーンとなるが、VWは充電ステーションの恒常設置の前に需要を測るのにも活用できる、としている。

Volkswagen
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報